自律神経失調症 | 川越の阿部鍼灸院

自律神経とは?

[自律神経失調症治療 約40分]

院長4900円 道本4000円(税込)

自律神経とは、

自分の意思とは関係なく

自動的に働いてくれる神経として、

「心臓を動かす」

「体温を調整する」

「食べ物を消化する」

「排便・排尿を促す」

「呼吸をする」

など多岐に渡り活躍してくれています。

 

この自律神経の働きが乱れると、

精神面では「イライラ」

「不安感」「落ち込み」

「やる気が出ない」などの

症状が出てきたり、

身体面では、

「めまい」

「だるさ」「不眠」

「耳鳴り」「便秘」

「下痢」「微熱」

「動悸(どうき)」

「頭痛」「喉の違和感」

「頻尿」「残尿感」

「手足のシビレ」など、

様々な症状が出現します。

これらの症状が出る原因、

いわゆる自律神経が

乱れる原因としては、

不規則な睡眠、寝不足、

過食や、遅い夕食、

そして過度なストレスなどが、

自律神経を調節している

「交感神経」と「副交感神経」の

バランスを崩す事により

おこります。

 

これがいわゆる

自律神経失調症といわれ、

特に女性は年代によって

ホルモンバランスが

変化し、その変化で

更に自律神経が、

男性よりも乱れやすいと

いわれています。

 

鍼灸はこの自律神経に

直接働きかけ、

体調をコントロールする

作用が認められています。