ご予約から治療までの流れ | 阿部鍼灸院


 

治療を希望される方は、
まずお電話かLINEメール
ご予約をお願い致します。

※ご予約は、
LINEは希望日の前日まで。
メールは希望日の2日前まで。
お電話は希望日の当日でも大丈夫です。
 

※初めてのご予約前に、当院の

キャンセルについてをご一読願います。

 

お電話の場合、

お悩みの症状をお聞きし、

治療を希望する日時などを

お伺いいたします。

 

また、担当のご希望がございましたら

遠慮なくお知らせください。

 

 

※お電話・メール(LINE)で

お伺いする内容

 

・お名前

 

・痛む場所や病名、症状など

 

・携帯番号(初回のみ

 

・治療を希望する日時

 

などをお伺いいたします。

          

院長の問診

↑これだけ10年以上前の写真

初回の治療時も、2回目以降も

問診・脈診(検査)をしながら、

同時に治療する東洋医学的な

スタイルです。

 

ご質問など、ございましたら

治療中でも遠慮なくどうぞ。

 

お悩みの症状に合わせて

質問を治療者からも

させて頂きます。例えば、

 

・いつ頃から起症状が出たか?

 

・どんな感じで痛むか?

 

・どんな時に1番つらいか?

 

などを治療をしながら

伺っていきます。


道本の脈診

問診が終わりましたら、

今度は手足などの肌の状態、

お腹の具合、

手首の脈などを調べ、

「体のどこが一番弱っているか」

詳細に調べます。

 

(上記の写真は脈を調べています)


院長の接触鍼
道本の治療

体の状態を調べたら、

手足にある重要なツボに

数か所「はり」を当てていきます。

 

当てる程度ですので、

鍼が肌に触れた事に

気づかない方も。

 

治療の目的や場合により、

少し痛みを感じる鍼を

する場合もございますが、

 

その時は必ず相談してから

行いますし、

断って頂いても結構です。

(その場合は痛くない

他の方法で対応致します)


道本の接触鍼
置鍼と温灸

その後、背中や腰、

症状に合わせて

頭やお腹にも鍼をする

場合もございます。

 

また、一緒に心地の良い

お灸もする場合が多いです。

 

それらにより、気血を整え

コリや痛み等を取っていきます。

 

この時点で、慣れている方は

気持ちが良くなり、

眠ってしまう方も多く

いらっしゃいます。

 


最後に再度、肌やお腹、

脈が治療で良くなったことを

確認して終了です。

 

治療中や治療後に、

気分が良くなったり

体が少し軽くなる感じや、

手足が少し暖かくなるなどの感じが

あれば、鍼灸治療が

ご自身の体に合っている

証拠になります。

 

また、効果がすぐに

感じられなくても、

治療後の翌日、2~3日後に

少しずつ体調が

改善していくのを

実感できるはずです。

 

例えば、

ぎっくり腰や寝違いなどでしたら、

1回~3回の治療で治る場合が

多いです。

 

慢性的な腰痛、肩こり、

胃腸、気分・メンタル的な

疾患でしたら2~3回ほど

治療すれば今後、

続ける意味があるかを

ご自身で判断できると思います。

 

先が見えない治療を

延々と続ける心配も無いですし、

必要もありません。

 

それよりも

治療する目的や

小さなゴールを作り、

達成感を味わえるよう

ご協力させて頂きたいと

思っております。