逆子治療(お灸) | 川越の阿部鍼灸院

 

[お灸 逆子治療 約40分]

院長4900円 道本4000円

(税込) 

 

      

当院では不妊・不育症の治療を多く

しておりますので、

順調に妊娠に至り、その後

ご出産まで通院して頂く過程で、

 

妊娠後期の28週目以降に

逆子(骨盤位)と診断される方も、

いらっしゃいます。

 

その場合は、鍼灸での逆子の治療も

28週目から29週目までには

始められるので、

80%以上の方は頭位に

(頭を下にした正常の位置)

返ります。

 

逆子の治療を希望されて

初めて来院される場合も、

1日でも早く来て頂けると、

有難いです。

 

 

開業当初から逆子の治療は

やっておりまして、

今までに数十名は

治療してきました。

(ザックリですいません(汗))

 

改善率は、

30週目から31週目で60%前後、

妊娠9ヶ月に入る32週目から

35週目で50%前後、

36週目で20%前後の実績です。

 

過去に37週目まで

骨盤位(逆子)だった方が

自力でお灸を続け、

頭位に返りましたが、

当院では胎児のリスクを考え、

逆子の治療は36週目までの

受付としております。

どうか、ご了承ください。

 

 

逆子は西洋医学的に、

原因は不明です。

 

東洋医学では、昔から

赤ちゃんは

 

 

「暖かい方に頭を向ける」

 

 

と言われていて、

妊婦さんの足が冷えていると、

胎児が上下が分からなくなり、

骨盤位(逆子)になると

言われています。

      

ですので、鍼灸治療の

基本は足へのお灸がメインになり、

個人差はありますが、

その人が我慢できる熱さまで、

お灸をするのがポイントです。

 

火傷の痕が少し残るぐらいが、

もっとも効果が出る刺激量ですが、

どうしてもいやな方は、

効果は落ちますが、

弱めのお灸や鍼だけでも

ご対応致します。

 

それにプラスしてご自宅で

火傷のしずらいお灸を

ご自分でも朝晩2回やって頂きます。

(そのお灸代は逆子治療に限り

治療費に含みます)

 

治療回数は週2回ペースで、

3回までが勝負です。

実質約10日間前後。

 

当院の統計で、それ以上

やっても効果はあまりない場合が

多いです。

 

また、治療にお金と時間を

あまり掛けたくない方でも、

(出産後も何かと

お金が掛かりますからね(汗))

一回だけ治療を受けて頂き、

その時にマジックで

しるしを付けた所に、

 

自分で頑張って

(時には旦那さんにやってもらって)

自力で治療する方も

いらっしゃいます。

 

※マジックは消えやすいので、

写真を撮っておくか、

毎日書き足して下さい。

 

 

帝王切開はその後、腰痛に

なりやすかったり、更年期の時に

しんどくなりますから、

やるだけの事はやっておいた方が

後悔は少ないでは?

思います。

 

 

以上、よろしければ

ご参考にしてください。